本文へ移動

組織・活動

組織活動

組織図

2020年度年間事業計画

★重点目標
  1. 会員数を増やす
  2. 自律した会員活動の推進
  3. 創立60周年記念事業の実施
区分
目標
方針
活動
 
組織力の強化
拡大
1.会員数の増加
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2.看護連盟活動の周知・徹底
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3.看護連盟・協会の
 連携、協働
 
 
 
 
4.若手会員の育成
 
 
 
 
 
5.支部の活動促進
 
 
 
6.ブロック協議会の
 活動促進
 
7.千葉県看護連盟創立60周年記念事業
 
8.千葉県看護連盟の健全な運営
1) 2020年度の増員目標数の設定

2)看護連盟入会の促進
 
3) 学生会員の募集
4)賛助会員の募集
5)OB会員の募集
 
 
1)連盟活動のPR
  タイムリーな情報発信
2)活発な組織活動
 
 
 
 
3)自立した会員の育成

 
 
 
 
 
 
 
 
1)千葉県看護協会との連携
 
2)千葉県看議協会地区部会との
   連携強化 
3)ナーシング・ナウ事業の共催
 
1)青年部の活動拡大
 
2)若手会員の活動参加促進
 
 
 
1)支部役員の役割の明確化
2)支部役員・リーダーの意識強
  化
 
1)千葉県ブロック協議会の活性
  化
 
1)連盟活動60年の評価と展望の
  共有
 
1)財政の健全化と適正化
1)-1千葉県看護協会員比率11%を
   達成する
2)-1会員3000人 
   特別会員20人を募集する
3)-1看護学校訪問 学生会員の募集
4)-1賛助会員の募集対象の拡大
5)-1退職者に向けてOB会への入会
   を勧める
1)-1機関紙発行(2回)HPの充実
   
2)-1千葉県看護連盟通常総会(6/10)
   -2 役員会(4回)
 -3 総合役員会(2回)
   -4役員・支部長・委員合同会議
  (1回)
 -5ブロック協議会(2回)
 -6会員代表者会(1回)
3)-1段階的連盟研修により連盟活動
  を理解し、主体的活動ができる
 ・基礎研修、続・基礎研修、
 ・新人研修・国会見学研修
 ・リーダー研修(Ⅰ)(Ⅱ)
 ・若手看護職研修会(12/10)
 ・看護管理者、教育者研修会(10/2)
 ・看護管理者等政策セミナー
  (関信ブロック主催)(9/18~19)
 
1)-1協会・連盟合同役員会(4回)
  2協会・連盟合同研修会(2回)
2)-1地区部会との合同会議・研修会
 
3)-1看護週間事業計画
 
1)-1全国青年部代表者会議
   青年部ブロック会議参加
2)-1ポリナビワークショップin千葉    企画・運営(10/10)
 -2支部等での青年部PR研修
  (新入会50人確保)
1)-1役員・支部長・委員合同研修会
2)-1支部役員リーダー研修
 
 
1)-1ブロック内情報の共有・事業の共
   催 ・県主催ブロック協議会1回
 
1)-1記念誌作成
 
 
1)-1監事監査(上半期・霜半期)
 -2目標会員数の確保(3000人)
政策実現力の強化
1.看護政策の実現
 
 
 
 
 
 
 
2.看護職国会議員の
 活動支援
 
3.看護を応援する国
 会議員の確保・支
 援
 
4.地方議会、地方行
 政への影響力強化
 
 
 
 
5.看護職地方議員の
 擁立と支援
1)千葉県看護連盟の政治力の強
 
 
 
2)現場の声の把握
 
3)看護協会との連携
 
1)看護職国会議員の活動を周知する
 
1)看護を応援する県議会議員、県
 選出国会議員との連携強化
 
 
1)千葉県看議連との連携強化
 
2)地方議員と情報交換、活動支援
 
3)地方議会、行政との情報交換
 
1)地方議員候補者の発掘と育成
2)政治団体が実施する若手育成プ
 ログラム等に積極的に参加する
1)-1全会員に連盟会員の役割を周知
   する
 -2オリエンテーションや基礎研修の
   出前研修
2)-1施設訪問の実施(県役員・支部長
   等)
3)-1現場の声を集約し要望書等につな
   げる
1)-1広報活動(HP、広報誌、グッズ等
   の活用)
 
1)-1自民党看護問題対策議員連盟入会
   県会議員との連携
 -2看護を支援する国会議員の支援
 
1)-1千葉県看議連と看護政策等に関す
   る勉強会を持つ
2)-1地方議員と交流の場を通して連盟
   の理解を図る
3)-1地方行政の看護政策に関する情報
   を積極的に確認する
1)-1県議、市議等への立候補者の支援
2)-1千葉県連主催の政治塾に女性の受
   講生も応募する
会員福祉の充実
1.福利厚生への
  対応
 
 
2.災害への対応
 
 
 
3.諸問題への対応
 
 
 
 
 
1) 日本看護連盟内規に基づく
 対応
 
 
1)災害発生地への対応
 
 
 
1)会員の安全教育
1)-1 組織活動中の補償(保険契約の
    範囲)
    物故者への弔意
          受章者への祝意等
1)-1本部と連携し、被災地、被災会
    員を応援する
   -2災害見舞い金を贈る(本部に準
    じる)
1)-1公職選挙法に基く安全な政治
    動、選挙運動の情報交換、研修
   (選挙違反者を出さない)
   -2諸般の疑問・問題は日本看護連
    盟と速やかに連携する

2020年度研修計画

目標:看護職が看護連盟の活動を理解し、政治活動に結びつけることができる。
 
  1. 研修会を通し、看護連盟活動の理解を深める
  2. 支部研修会を通し、地域での看護連盟活動の活性化を図る
  3. 現場の声を政治につなげる。

1.千葉県看護連盟の研修会(新型コロナウイルス感染症の状況により変更あり)

研修会名
開催年月日
対象
ねらい
1
リーダーセミナー Ⅰ
7月10日(金)
支部役員
青年部員等
連盟活動における各々の役割を理解し、目的達成に向けてリーダーシップを発揮できる
2
看護管理者研修会
未定
看護管理者
施設連絡員等
看護管理者、看護教育者は看護と政治の関係性を理解し、組織強化の原動力となる
3
新人研修会
未定
新採用者、
連盟基礎研修未受講者
看護協会と看護連盟の関係性・連携の必要性を理解する
4
国会見学
未定
新採用看護職
国会議員の活動を知り、政治に関心を持ち、連盟活動を理解する
5
第10回ポリナビワークショップ
未定
一般看護職
看護学生等
若手看護職が中心になり、研修やワークショップを通して「より良い看護・より豊かな生き方」を学ぶ
6
若手看護職研修会
 
12月11日(金)
若手看護職
看護学生
 
日常の中の問題を明確にし、看護政策実現のための行動ができる
7
リーダーセミナー Ⅱ
未定
支部役員、
青年部員、
施設連絡員等
組織活動強化、拡大の必要性を理解し、自身の思いを周囲に伝えることができる

2.千葉県看護協会・千葉県看護連盟合同研修会

研修会名
開催年月日
対象
ねらい
1
第1回協会・連盟合同研修会
未定
看護職
看護政策の実現に向けて看護協会と看護連盟の連携を図る
2
第2回協会・連盟合同研修会
未定
看護職

3.各支部での研修会

研修会名
開催年月日
対象
ねらい
1
基礎研修
各支部・各施設にて随時実施
看護職
継続的に研修を受講し連盟活動の理解を深める。
(県・支部共通の資料(CD・印刷物)を利用)
 
 
 *基礎研修修了者には終了証発行
 *基礎研修修了者名簿を提出する
2
続・基礎研修
基礎研修修了者
3
支部研修会
支部年間活動計画にそって実施
看護職
賛助会員

4.関東甲信越ブロック主催の研修会

研修会名
開催年月日
対象
ねらい
1
関東甲信越 ブロック政策セミナー
9月18~19日(土・日)
オンラインセミナー (担当:神奈川県)
看護管理者
看護教育者
看護協会・看護連盟役員
1都9県における情報や諸問題を共有し、協議することで、連盟の組織強化の礎になる
2
ブロック 青年部会議(zoom)
9月10日(木)
埼玉県担当
若手看護職
1都9県の若手会員の連携促進と意識強化を図る

委員会活動

2020年度 委員会・部会の活動目標
目的:会員を増やし、組織強化を図る
委員会
委員数
活動内容
教育委員会
5名
1. 会員が政治に関心を持ち、連盟活動を推進する    
 1)会員、非会員に、研修会を通して看護連盟活動の理解
  を得る                    
 2)研修等の機会ごとに入会促進を図る
広報委員会
4名
1. 会員に連盟活動についての必要な情報収集・発信する
 1)機関誌「れんめい千葉」の発刊
 2)HPの運営管理
2. 非会員、賛助会員、県民に連盟活動の啓発を図る
青年部会
6名
 1.若手会員の主体的活動を推進する       
 1)各支部青年部連絡員との連携促進
 2)全国看護連盟と情報交換し、自らの活動に活かす
 3)若手会員への情報発信
リーダー
役割をもつ人達
1.若手会員へ積極的に情報発信する
 職場単位等で伝達ができるよう活動する。   
(職場の同僚、仲の良い知人・その家族等に連盟の方針が伝
 えられる)
0
1
4
8
7
4
TOPへ戻る