千葉県看護連盟
  届けよう看護の声を! 私達の未来へ
 
看護協会と看護連盟が
政治を変える!!
 看護協会と看護連盟が協働して
 問題解決を図ります。
CHIBA NURSING FEDERATION
GREETING

  県民の皆さま、看護職の皆さま
 コロナ禍の中、春が足早に訪れました。桜も例年より早く咲き、あちこちに菜の花が楚々と可愛く咲いていて、私たちにお疲れさまと囁いてくれているようにも感じられます。2度目の緊急事態宣言は3月21日で解除されましたが、現場はまだまだホッとできる状況ではありません。そのような中、ワクチン接種が医療職を優先して進められています。
 ようやくもう一枚防護衣を身に着けらることができるとの思いです。
 先般行われた千葉県知事選挙で、熊谷新知事はコロナ対策、特にワクチンのスムーズな接種を最優先して取り組むと県民に約束されました。行政も、医療も、県民も皆が力を寄せ合ってこの難局を収束させていかなくてはと思います。   
 そして安心してオリンピックを迎えたいものです。
 この春から入職される新人看護職のみなさん、実習を十分にできなかった中での入職です。不安があるかもしれませんが大丈夫です。人々の健康を守るという使命を共に担ってまいりましょう。
 新型コロナウイルス感染症は看護職に様々な困難な課題を突き付けました。
 千葉県看護連盟は国や県へ議員をとおして、対峙している困難な状況を伝えてきました。まだまだです。
 これからも一層強い決意で活動を進めてまいります。会員の皆さま、まずはご自分の健康にご留意ください。そして看護の未来のために現状やご意見をお届けください。                                                          
 県民の皆さま、緊急事態宣言は解除されましたが、気を緩めないでご自分の感染予防に気を付けていただき、引き続き温かい応援をお願いいたします。                             藤澤 里子
ABOUT US
看護連盟とは?
看護連盟は、看護協会の目的を達成するための政治団体として誕生しました。
県民の健康と福祉に寄与することを目的としてさまざまな活動を行っています。
Organization / Activity
Admission
Access
PR magazine
Youth
Download