本文へ移動

千葉県看護連盟からのお知らせ

看護問題対策議員連盟会長に要望書を提出しました。
2020-04-28
会員の皆様から頂いた現場の声を速やかに県会議員にお届けするために日本看護連盟と同調した要望書に千葉県の状況を加味して届けました。
 
  新型コロナウイルス感染症に対応している看護職に対する危険手当の支給に関する要望書
 
要望1. 新型コロナウイルスに感染した患者に対応した、又は対応する可能性が高い看護職一人ひとりに対し、危険手当を支給されたい。
要望2. 要望1に記載した看護職が帰宅せずホテル等に宿泊した場合、当該看護職に対し、1泊15,000円を上限に宿泊費の補助(病院において費用を負担している場合は医療機関に対して補助)を行って頂きたい。
要望3. 県民の命を守るため日夜最前線で従事している看護職の安全を確保する観点から、医療用マスク、使い捨てガウン・エプロン、手袋、手指消毒剤等の不足による院内感染の危険性があり、防御に必要な物品を早急にお送り頂き他たい。
訪問看護ステーションや老健施設等の小規模施設においては、マスクや薬剤の値上がりにより経営を不安定にすことの無いように配布または財政的支援を検討して頂きたい。
 
 【妊娠中の看護職員の休業に伴う代替職員の確保について】
 
要  望 医療機関(病院又は診療所)が妊娠中の看護職員の休業に伴って代替職員を雇用した場合に、その所要経費(賃金等)に対する補助金の支給をお願いしたい。
0
1
4
5
7
5
TOPへ戻る